pandahall

激安ビーズ・アクセサリーパーツ通販専門店 ━━ pandahall

指輪について

指輪の由来について

指輪の誕生は3000年前までさかのぼって、あの時にまだ指輪がありませんでした。エジプトの統治者は権勢を代表する印章をいつでも持つ習慣があって、また手で持つことを嫌って、そこでトーラスをはめ込んで、、それを指にはめます。長い時間を経て、人々は男の指の上の小さい印章がとてもきれいなことを発見して、それかる、絶えず改良して、そしてレディースのアクセサリになりました。

指輪は愛の言葉です。   

指輪は普通左手にはめて、指輪をはめる意味に関して、社会ではいくつかの解釈を伝わっています、その中で通用する言い方は:親指にはめるのは追う意味で(相手に追求する)、人差し指にはめるのは求める意味で(愛情に渇望する)、中指にはめるのは定まる意味を表して(恋愛の中であってあるいはすでに婚約した)、薬指はすでに結婚した、小指は離婚を表します(あるいは独身で通すのを決めった)。 現代に、人間はこの決まりにあまりこだわらないで、自分の好み通りにはめるのも良いです。

指輪は人間の心理を反映します。   

指輪は装飾品だけではなくて、どんな指輪をはめることが好きなことは、人間の心理を反映することができます。

男性にとって、純銀の指輪をはめるのは気立てが穏やかで、他人を譲歩しやすいです;金の指輪をはめる人は利益を重視して、よく良い商売の頭があります;翡翠のはめるのは味わいを重視します。

女性にとって、ピンクのダイヤモンドあるいはサンゴが好きな者は、感情が豊富でロマンチックです;赤い宝石の指輪をはめるのは、熱情があふれています;青い宝石が好きなのは比較的内向的で冷淡です。

あなたは指輪をはめるのが好きですか?また、どんな指輪が好きですか?もっと多いきれいで安い指輪が欲しいなら、pandahallに行くことができますよ。