pandahall

激安ビーズ・アクセサリーパーツ通販専門店 ━━ pandahall

自分で宝石をきれいにする方法について

宝石は高価な装飾品として、宝石が傷つけられるか変色するのを免れるため、気をつけてお手入れが必要です。一定時間おきに宝石をきれいにするべきですアクセサリーショップにきれいにする以外、自分もできます。ここは自分で宝石をきれいにする方法を紹介します。

 

テーブルで柔らかい布に敷いて、小さいプラスチックの碗を取って、適量の清水を入れて、洗剤を1滴垂らします。これらの準備が終わった後で、天然繊維で作られる小さいブラシといくつか小さい先細の木の棒を使って、宝石あるいは宝石のアクセサリー材料をきれいにすることができます。プラスチックあるいはナイロンで作られるブラシは使ってはいけません。きれいにする時に以下のポイントに注意しなければなりません。

 

(1)宝石のアクセサリー材料の滑落を避けるために、柔らかい布が不可欠です。

 

(2)アンモニア、酸、アルコールあるいはその他の化学成分を含む洗剤を濫用してはいけなくて、宝石の材料によって使って、宝石は変色しないようにします。

 

(3)宝石の材料の汚点を落とす時に、小さい木の棒の先細な端をでそっと落とします。硬い金属の材料を使ってはいけません。

 

(4)30℃ぐらいの清水を使う方がよくて、お湯はビスコースを柔らかくならせることができて、宝石に熱震動の損害も免れることもできます。

 

(5)虫眼鏡を準備して、それによってきれいにする効果を観察できます。

 

(6)きれいにした後の宝石を日陰に置くべきで、直接日光に置くことはできなくて、日光あるいは紫外線の破壊を免れます。

 

(7)液体にふやかしてはいけません。宝石が水を吸い込むことができるため、変色を引き起こしやすいです。有機宝石はその内部の物質構造の変化を引き起こすこともできます。

 

 

(8)きれいにしたら水を捨てる前に、宝石の数量を細かく調べます。