pandahall

激安ビーズ・アクセサリーパーツ通販専門店 ━━ pandahall

右手にブレスレットをつけるのはだるくて痛みやすいです

女性は右手にブレスレットをつけて、恐らく手首を負傷させます。

ますます暖かくなって、たくさんのレディースはまたきれいなブレスレットを付け始めます。多くの人はブレスレットを右手につけることが好きです。確かに、右手に付けると、きれいなアクセサリーはもっと多い展示の機会があります。しかし、右手に付ければ、恐らく手首を負傷させます。

日常生活で、私達の右手は最多で使って、特に事務室で働いている女性は、コンピュータを使う時に手首の関節が頻繁に繰り返し動かします。ブレスレットのため右手はごろごろしていて、だから、よく手を揺れる習慣があります。時間が長くなって関節が麻痺すると痛むことができて、特に動かす時に更に痛くて、例えば、ものを捧げるする時、タオルをねじる時など。

手首の部位は多くの腱と神経があって、それらはすべて手根管にあり、手部の腱がすべてこの管から通します。とても細いブレスレットも手首を負傷させて、最も負傷しやすいのは腱と靭帯で、ひどい場合はまた筋肉の萎縮をもたらすかもしれません。

そのため、できるだけ右手首でいかなるアクセサリーをつけないでください。きれいなブレスレットはやはり左手首に付けましょう。

それ以外に、また気をつけるべきことは、アクセサリーをつけるので皮膚負傷さてはいけませ。顕微鏡で見れば、アクセサリーにつけない部位よりつける部位は細菌の数量が多いです。アクセサリーでたくさんの細菌があり、特に夏に汗が多く出て、皮膚を感染しやすいです。 家に帰ると、すぐにブレスレット取る習慣を付けて、手首を休休ませてます。また、よくブレスレットをきれいして、皮膚が感染するのを防止します。

 

あなたはブレスレットをつけるのが好きですか?以上の知識はあなたに助けるのを楽しみます。もっと多いきれいで安いアクセサリーが欲しいなら、pandahallを推薦しますよ。