pandahall

激安ビーズ・アクセサリーパーツ通販専門店 ━━ pandahall

アクセサリーを作る時に使う糸材料について

アクセサリーを作る時に、色々なアクセサリーパーツを使わなければなりません。アクセサリーを作る時に使う糸材料をまとめて、大体以下の種類があります。

 

鈎り糸:透明で大丈夫です。でも、結び目をつくる時に特別な注意が必要で、鈎り糸の表面がつるつるしているため、もし結び目が緩いなら放しやすいです。アクセサリーを作る時に、鈎り糸の糸口の普通は包みボタン、つぶし玉と組み合わせて使います。鈎り糸は主に模様のひとつなぎの玉に用いて、普通は0.20.3MMを選択して、大型の花瓶やティッシュケースを編んで0.6mmの鈎り糸が必要です。

 

ワックスコード:主にネックレスとブレスレットに用いて、クリスタルビーズにあまり使わません。

 

丸形弾性コード:鈎り糸と似通った透明なコードで、弾力があります。普通の丸形のブレスレットによく使います。玉の紛失を避けるため、解けない結び目が必要です。

 

平たいワックスコード:扁形でたくさんの色があります。常にクリスタルビーズに用いて、異なる色の玉を組み合わせます。摩擦のため、時間が長くなって、切りやすくて、定期的に入れ替えが必要です。

 

銅線:比較的柔らかくて、異なる規格のサイズが違って、異なる役割があります。でも、銅線を使う時に巻き過ぎないでください、そうでなければ切るかもしれません。

 

 

鋼線:比較的硬くて、普通は腕輪や首飾りなどの輪に使います。でも銅線ほどそんなに操作しやすくありません。折り目がない場合、自動的にもとの状態に戻って、編むことはできません。